1. HOME
  2. ブログ
  3. 販売促進・集客
  4. 飲食店の集客が難しい理由と集客方法の考え方

BLOG

販売促進・集客ブログ

販売促進・集客

飲食店の集客が難しい理由と集客方法の考え方

飲食店の集客が難しい理由

今回は飲食店の集客が難しい理由についてお話します。

月100万円稼ぐならどっちの方が難しい?

1ヶ月100万円稼ぐ方法として、商品を作ったとき、

1個500円のものを1ヶ月で2,000個売るのと、1個50万円のものを1ヶ月で2個売るのでは

どちらが難しいでしょうか?

集客はどっちが難しいの図

これは、【集客】という点から考えると、圧倒的に【A】の方が難しくなります。

実際はどちらも必要なスキルが変わってくるので、売れるか?と聞かれれば、AとBでは全く違う集客方法と売り方が必要になってきますが、

そのお話はまた今度するとして、今日は安いものを売ることがいかに難しいか、というお話をします。

なぜ、【安いものを売る】方が難しいのか?

安いものだから売れそうじゃない?と普通はなんとなくと思いますよね。

確かに、安いものの方が購入のハードルは低いので売れる確率はあがりそうですが、

一番重要な点は、

2,000個売る為には何人の人を新規で集める必要があるか?

という点になります。

例えば、100人に商品の宣伝をするとします。

その宣伝に反応してお店に来てくれる方は何人いるでしょうか?

普通は1人いるかいないか、の反応率になります。

そうなると、【A】の場合は、月20万人に新規で知ってもらう必要があり、

【B】の場合は、月200人に新規で知ってもらう必要があるということになります。

月何人の新規集客がいるかの図

月20万人…、、、

とんでもない数字ですよね、

普通に考えて、20万人に知らせよう思ったら、宣伝費は凄く掛かりますし、宣伝方法も普通のやり方で太刀打ち出来るレベルではないということが分かると思います。

ですが、この仕組みを理解していないと、

いち消費者心理のまま経営をしてしまうので、

『500円なら売れるだろ~』
とか、
『美味しいものを出せば、自然とお客さんは来るだろう』
となってしまい、

実際には思ったほど来ないので、

『500円は高かったのかな?400円にしようかな?』
と値段だけ下げて、集客方法は変えないので

もっともっと苦しくなってくる訳です。

安いものを売るのは難しいんです!だから、コカコーラやマクドナルドはあらゆる媒体で毎日CMをしている訳です。

これが、飲食店の集客が難しい理由になります。

なので、まず、飲食店は難しい商売で、何よりもまず集客に一番力を入れる必要があると理解し、

月いくら稼ぐ必要あり、客単価がいくらで、毎月何人に宣伝する必要がある。

という新規集客の目標値を具体的に決めて宣伝の戦略を立ててみてくださいね。

よく最初に作る【事業計画書】なども、客単価いくらで、月何人来るから、いくらの売り上げ、までを出して、
よし、いけそう!とか、考えますが、

そこに、毎月○人新規集客の必要がある。という数字も入れてみてください。

そしたら、その客単価だとやっぱり難しそう😥などの気づきがあると思います。

実は、飲食店は集客の仕組みさえ作ってしまえば簡単

集客アップグラフ『目の前のお客様は自然に来ている訳ではなく、絶対に何かしらキッカケがあって来店しています』

飲食店の集客は難しいですが、集客の仕組みが出来てしまえば、商品単価は安いですし、食べる事は毎日のことなので、売ること自体は難しくないです。

つまり、集客の仕組みさえ作ってしまえば、それ以降は美味しいものを出せばお客様は自然にくる!という段階になるのでとても簡単になります。

しかも、集客の仕組み作りも他の業種より簡単なんです。理由は、食べる事なので宣伝されても『それは私は絶対に必要としていません!』とはならないからです。

それが、例えばですが、マンション購入や子どもの塾などであれば、飲食よりはターゲットが限られてくるからですね。

集客の仕組みを理解し、是非集客に力を入れてみてくださいね☆

それではまた~

関連記事